忍者ブログ

パフォーマンスユニット文殊の知恵熱「アイ ニジュウ」の公演情報!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



文殊の知恵熱
嬉しい知恵熱
楽しい知恵熱
これからも
一緒に遊んでください
僕らの宝物

あがた森魚 (歌手)



あがた森魚さんが文殊の知恵熱を小樽に呼んでくれた事がありました。1998年の事でした。市立小樽文学館で文殊ライブをしたり、映画の撮影をしたりしました。文殊ではお馴染みの仮面や光の輪が群れをなして、雪が降り積もる夜の小樽をパレードしました。有名なあの運河全体をライトアップして、文殊とともにエキストラ数十名が被り物や電飾を身に纏っての行進はホントこの世の物とは思えない程の幻想的な撮影でした。観光スポットのガラス店やオルゴール店を閉店後に控え室や宿泊所として使い、一般人が見る事のできない観光スポットの裏側が見られた事も素敵な経験です。
小樽公演のタイトルは『氷菓硝子製の港都にて』。文殊のバイオグラフィーを見てもらえば解かりますが、明らかに他の公演とネーミングセンスが異なるでしょ?いつも公演タイトルは自分達でつけますが、この公演だけあがたさんが決めたからなのです。どうです、あがた森魚ロマン炸裂でしょ?
あがた森魚の事を知らない人は、今シアターN渋谷などで公開中のドキュメンタリー映画『あがた森魚ややデラックス』を見るべし!面白かったです!!あがたさん、こちらこそ一緒に遊んでください!!! 
<とうじ魔とうじ>

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
◎ ブログ内検索
◎ バーコード
◎ 最新コメント
◎ 最新トラックバック
◎ プロフィール
HN:
文殊の知恵熱
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
とうじ魔とうじ《特殊音楽家》松本秋則《不思議美術家》村田青朔《元舞踏演芸家》の3人によるパフォーマンス・ユニット。一見、とうじ魔が音楽担当、松本が美術担当、そして村田が踊るのだと思われがちだが、そうではない。それぞれのジャンルを浸食しあい、超越する舞台作りに挑戦している。例えば肉体を動かすことによって音が鳴る、楽器自体が舞台美術になる、オブジェが演じるといった様々な仕掛けや発想で、今まで味わったことのない五感、六感で感じる<面白さ>を体験できる作品を発表し続けている。
不思議な音や光を体感しているうちに、観客たちはいつの間にか頭がほぐされ、新たな発見に巡り会う。身近にあるものを素材にし、あっと驚く展開と遊び心溢れるその作品世界は、世代や国境を超え、幅広い層に定評を得ている。

---1989年結成。第1回公演『ブン・ブン・ブン』以降、美術館からライブハウス、野外、児童館など多岐に渡り活動。'08過去の記録映像が収録されたDVD「文殊の知恵熱アーカイブス-奇蹟の軌跡」(BankART)発売。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/toji/monjyu/monju.html
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]